肋骨の動きでゴルフの飛距離が変わる

ゴルフ

ゴルフをされている方の中にはどうしてもあと少し飛距離を上げたいと思もう方も多いのでは・・・

さて何をすると飛距離は上がり持病の腰痛も出なくてすむと思われますか?

ひたすら腰を鍛えるのかそれとも筋トレでパワーUPする??

答えは肋骨の動きを正しく出して上げると腰に負担なく飛距離を上げることができます。

なぜか、背骨を中心に腰から上に多くの筋肉が重なりあってカラダは構成されています。

これだけ多くの筋肉に覆われてるため特に肋骨周りの動きがキーポイントとなってきます。

これらの捻るとゆう動きを回旋と言います。

 

よく腰の回転、腰をもっと回せって言われますが腰を無理やり回すと痛みの原因や腰痛再発にも

なりかねません。そもそも腰は安定していないといけない部分です。

 

腰は本来体の中心(コア)家でゆう柱の役割になる為、これらがグラグラ動いてはいけないのです。

この肋骨の捻る動きがゴルフのスイングや飛距離に影響を与えていきます。

 

これら背中から腰へのカラダのつながりは一連の動きと繋がっていくのでココを日々意識

してゴルフされてみてはいかかでしょうか。

実際にストレッチをしている動画です。

 

ゴルフで飛距離をあげたい方はこちらから

TRAINING BASE HEGURI