ゴルフで腰痛を克服するには体幹と〇〇も刺激を

ゴルフ

ゴルフをした直後から出る腰の痛みって何が原因なの?

こんにちは、姫路市飾磨で姿勢 腰痛の施術にトレーニングを取り入れるへぐり整骨院の院長へぐりです。

本日もよろしくお願いいたします。

ゴルファーにとって腰痛と戦ってプレーをする事はとても辛く楽しめない事ではないでしょうか。

長時間のゴルフで背中も下半身もしんどくなってきている中のスイングは腰痛を悪化させてしまいます。

今回は少しでも腰痛が楽になる体幹トレーニングをご紹介していきます。

腰痛には「腸腰筋」を刺激してあげるのが効果的!!

腰が常に痛いと腰をだましだましなんとかしてきた方も多いと思われます。

腰が痛くマッサージや色々な施術や治療もされてきた方の中でいまいちしっくりこないとゆう方はでは、どうすることで腰痛を克服していけるのかをお話ししていきます。

腰が痛むのは後ろ側だけではない・・・

腰痛って腰だから後ろが痛むんじゃないの?って思うかもしれませんが、実は前にも原因があるんです。

腰には前から支えられている筋肉と後ろから支えられてる2つの柱のような筋肉あります。

この前後の筋肉のバランスが崩れると筋肉が弱くなったり背骨を支えてる筋肉自体が支えられなくなりやがて腰痛となってしまいます。

腰を前から支える筋肉の図

このお腹側の筋肉「大腰筋・小腰筋」が腰痛を引き出す原因にもなり、腰痛を緩和してくれる2つの働きがあります。

 

敵か味方かよくわからない筋肉ですよね・・・・。

この前に着いている筋肉は歩いたり、走ったりといった太ももを上に引き挙げる働きがあります。

例えば陸上のボルト選手やサッカー選手などはこの筋肉が発達しているおかげで早く走れたり強いシュートが打てるわけです。

特にゴルフをする体制では前傾姿勢でスイングをしないといけない分、腰にかかる負担はとても大きく腰にダメージをきたします。

これらはどのタイミングで痛みが出たりするのかを次の章でお話ししていきます。

痛みはどのタイミングで出るのか?

実際に腰はどのタイミングで痛くなるのか?私達は日々、前かがみで作業をすることがとても多いです。

常にお腹側の筋肉が縮まっていて背中側の筋肉が伸びた状態でいます。この猫背に近い姿勢から背中を急に後ろに反らすとゆう時が一番腰に負担がかかり痛みが出やすいのです。

 

俗にゆう『ぎっくり腰』となるわけです。

 

この前傾姿勢から急に後ろに反らすとゆう動きが痛みやぎっくり腰などになる原因です。

例)重たい荷物を下から持ち上げた時。

長時間同じ体制で座ってる状態から立ち上がろうとした時。

ゴルファーはこの前傾姿勢を何度のとり、急に腰を起こすとゆう動きをするので当然ながら腰を痛める

リスクが高くなります。

こうならない為にこの「大腰筋(腸腰筋)」のトレーニングが必要になるわけです。

※ 実際にゴルフをされていて方のトレーニング場面です。

まとめ

ゴルフは前傾姿勢で捻るとゆう動きが加わる為に、腰に大きな負担が常にスイングの際にかかります。

これらの運動や体幹などのトレーニングを取り入れていくことでゴルフ後の腰の痛みや慢性的腰痛といった症状が軽減していくことでしょう。

 

姿勢 腰痛の痛みの原因をストレッチとトレーニングで克服する

 

姫路のTRAINING BASE HEGURI へぐり整骨院

 

姿勢や腰痛でお悩みの方はこちらから

 

アスリートの体幹トレーニングはこちらから