長時間のデスクワークが猫背を招く

ぎっくり腰 

今回は引っ越しの片付けと祭りの練習で腰を痛められたTさんのお話です。

最近、近くに引っ越しされてきたTさん、自宅で家具を組んだり、祭りの練習やらで、次の日の朝から腰が痛く起きるのも体勢を変えるのも辛いと当院に来院されました。

もともと、腰もあまり良い方ではなく、時々『あっ腰痛いなって』なる時があったみたいですがここまで腰が痛くなることがなかったみたいです。

日々の仕事はデスクワークが中心で一日座りっぱなしが多く、長時間の電車移動で肩も痛くなるとお話されていました。

姿勢やカラダのバランスで痛みが

今回のTさんは少し、前かがみで背中のあたりが丸く俗にゆう猫背に近い状態でした。

来院の初日はからだを前かがみにしたり反らす、左右にからだを捻るといった動きが辛いとのことでした。触診で背中、股関節、お腹の周りの筋肉の緊張もあったのでその辺りを調整して行きました。

 

2日後に来院その間の状態を確認してみると、次の日の朝は、痛みもなくツッパリ感と少し違和感があっただけとのこと。2回目の施術、背中の辺りの筋肉の柔軟性を出す為に、ストレッチで柔軟運動と筋膜施術で終了。

痛みもなく動きも問題ないとの事で今後のプランも少しお話させていただいて一旦施術は終わりました。今回のポイントは背中の筋肉がカチカチになっていたのと、股関節周りの筋肉も硬くなっていた原因もあります。

日々、同じ状態で座って作業していると、だんだん背中や股関節といった筋肉が縮んでしまったりします。

ぎっくり腰にならない為には

ぎっくり腰っていつなるか本当に分からないもんです。明日なりますよって事前に分かれば用心しますよね。

 

誰しもが予測できないものです。日々、気をつける事は少し、背中や腰周りがだんだん、張ってきたり、重たく感じる時は特に要注意です。

 

からだがいつもより上記の様に感じる時は動く際に、なるべく急に動かずにゆっくりからだを伸ばしたり、深呼吸をしたりしてから動くのもいでしょう。

 

自分のからだの状態って意外に分からないものです。何か少しでもからだの症状やこんな時どうすればいいいのかの質問があればお気軽にご相談ください。

 

ホームページはこちらから

 

へぐり整骨院