床からの立ち上がりに腰が痛い

腰痛

今回は右肘と腰が時々痛くてと来院されたAさんのお話です。

以前にぎっくり腰で来院されていたAさん、何回の施術と運動をするようになり、腰痛も良くなり卒業されました。

今回はどうされましたか?愛犬の散歩でリードを強く持って行かれその際に肘に痛みが出たとのことです。

今回のケースとは別でここに来られる何ヶ月か前に、床から立ちあがる際に、膝を痛められて、整形外科に来院して診てもらうと左の半月板を痛められていたとのことです。

膝の痛みから腰痛へ

前回、ぎっくり腰で来院されていた際は右側の腰を痛められ来院されていました。今回もやはり右側の腰が痛く、お尻から足まで時々痺れがあるとのことです。

膝の半月板の痛みをかばい今回の腰の痛みを再発したのかと思いました。

以前、院に来られた際に軽い運動時に少し伸ばしにくいと話されていたので、過去に膝を痛められたことがあると話されていました。その古傷が今回の立ち上がりで膝の負傷にいたったのか?

膝のお皿周り内側の筋肉も弱くなっていたのでそれもあるのかと・・・

からだをかばい続けると痛みが増える

一つの痛みをかばうと次々に痛みが連鎖する!今回の痛みは愛犬の散歩中に肘を痛められ来院です。

引っ張られた際に手に力が入り痛める止まろうとして痛めていた膝に力が入る→膝の痛みをかばって腰を痛める。一連の動作で症状が次々に出る場合もあります。

 

ここまで痛みが増えると、次々に体をかばおうと防御反応が働き始めます。

 

今回は少し、施術後にストレッチポールで最初にからだを前傾し倒してもらうと、足の裏がつっぱって背中や腰も痛いです。

以前はしっかり、運動後、腰も背中もしっかり伸びていたのが時間の経過とともに硬く柔軟性が低下していました。

 

膝にも痛みが出ているので、今後は腰も肘も含め、運動と施術を提案させてもらうことになりました。

肘に関しては1kgほどの重りを持ち上げても大分、痛みが出なくなり良好になっています。

運動の必要性が再確認できたこと

今回のAさんの腰の症状もですが、以前はしっかりとできていた柔軟や立ったり座ったりの動き。

一定期間の運動の習慣がなくなると、からだはすぐに戻ってしまうことがわかりました。

腰痛は一つだけの原因でなったりする事はなく、結果としてそこに痛みや症状なりが出ているだけなのもわかりました。

 

根本的にからだを良い方向にしていく為には、全体的にからだのバランスを見ていくことが大切だと思います。

私もって同じような症状でお悩みの方はお気軽にご相談くださいね。

 

詳しくはこちらホームページへ