当院のコンセプト

土台となる足元から整える

からだの土台となる足元からまず整える。

あなたにとっての土台って聞かれたらどこを指しますか?

腰ですか?骨盤ですか?

 

よく「地に足をつける」って言葉がありますが、まさにこの足のバランスがしっかりしていないといくら

上半身がしっかりしていてもすぐにカラダに歪みや他の部分に痛みや不調といった原因になります。

実はからだにはいくつかの軸があります。足から頭までのラインにいくつかの点がありそのライン状から

カラダが大きく前に行くか後ろに倒れるか、横にずれるかによってカラダは支えられています。 

 

これら一つ一つの積み重ねに歪みや動きが悪くなると体のバランスが崩れてしまいます。 

まず、土台(ベース)となる部分、足元からしっかりと整えていくことが基本となります。

足元をしっかり整えていくことでしっかり踏ん張れる、スポーツをされているなら力をしっかりパワーに変えるとゆうことにつながります。

 

代謝と循環

私たちの体内には約60パーセントの水分が含まれています。

口から入った水分が体内で吸収され不要となったもの、水分の一部が汗や尿となり排泄されます。

このサイクルが代謝や循環と言われ私たち人間や動物に備わっています。いわば、生命には絶対に必要不可欠なものです。

この循環と代謝ってどう関係あるの?

例えば、綺麗な流れのある川と池や沼の水を比べてみてください。

一つは常に綺麗な水が流れている状態、もう一つは流れもなく淀んで溜まるばかりの水。この状態はからだの中でも起こることがあります。

それは筋肉や血液も水と同じようにあなたのカラダの中で常に新しく生まれ変わっています。

筋肉には血液をかえし、水分、酸素、栄養、熱を送り出す役割があります。

からだの筋肉も水分と同じで、体をあまり動かさないでいると、疲労や老廃物がたまりやがて凝りや痛みに変わる。

そうならない為に、日頃からからだを動かすことで体内循環を促し整える事を運動としてとり入れてきます。

 

呼吸で姿勢を整える

呼吸ってどんなイメージをお持ちですか?

なんとなく、無意識にしているから「ピン」とこないですよね。

 

結論からお話しすると、呼吸を意識することで、あなたの悩みの種である姿勢が緩和されます。

 

私達には内臓を取り囲む肋骨につく筋肉の働きが和らぐことで呼吸を取り込む量が正常に働き結果、正しい位置にカラダを戻そうと手助けしてくれます。

 

二つ目はストレスの軽減。日常の仕事や家事などのストレスも呼吸一つで緩和されます。

心に余裕がないとからだが病んだり、内臓の働きに影響がでることが多いです。

これらの状態は呼吸とともに解決することがほとんどです。

 

ただ姿勢が悪いからではなく、そんなストレスから身を隠そうとする行動からカラダに影響が出ていることもあります。

そんな状態にならない為にも「呼吸」を取り入れ常にからだのバランスを中からと外から整えていくことが心身共にリラックスにつながります。