産後は不良姿勢から痛みに

姿勢改善

今回は産後1ヶ月で来院のKさんのお話

こんにちは、姫路市飾磨で姿勢 腰痛の施術にトレーニングを取り入れるへぐり整骨院の院長へぐりです。

本日もよろしくお願いいたします。

産後はどうしても、小さな赤ちゃんの面倒を見ているお母さんはとっては身体を酷使します。

自分の身体はしんどいけど、家のことが大変で中々出れないのが現状です。

今回のご相談は首から背中にかけての痛みでした。

産前、産後ってどちらにしてもからだ痛い。

産前って、お腹も張るし、腰も痛いし、背中や肩も全身カチカチになりますよね。

今回のKさんは、特に右の首筋から肩周り背中もパンパンになっていました。

おまけに二の腕と肘から下もカチカチ!

 

赤ちゃんにミルクをあげる、抱っこをしている体勢ってどうしてもからだが丸くなってしまいます。

生後1ヶ月でも成長するお子さんを抱っこしていたら、腕や肩にかかる荷は結構なものです。

そんな状態で日々の生活を送っているとからだは次第に丸く、姿勢も猫背になっていきます。

からだのクセや歪みからくる痛み

赤ちゃんを抱く体勢にもよりますが、右腕に頭か左腕に頭かでもだいぶん、からだの歪みや姿勢に影響してきいます。

今回は特に右側の首筋や腕に筋肉の硬さがあったので、よくこちらの腕を下にしてミルクをあげているのかな?

って私の推測ですが・・・

 

同じ体勢や同じ動作を繰り返していると、筋肉は一部にストレスがかかります。

そんな、痛みを解放していくには、しっかりといつもどのような生活パターンや動作をしているのかを

確認すると解決策が見えてきます。

 

今回は全体的にからだのツッパリがあったので筋膜リリースで対応させていただきました。

参考 トリガーポイント 筋膜リリースについてはこちらからのぞいて見てください。

 

Kさんは普段自分でも、トレーニングや運動をされている方なので、一定期間を過ぎれれば、首筋や背中の痛みも改善されるかと思います。

お悩みが軽度でも体勢や猫背が引き金で、痛みや痺れに変わる時があります。

早めの処置がからだの痛みを解消に導いてくれることでしょう。

 

詳しくはこちらホームページへ

この記事を書いている人

整体・整骨・トレーニングを経て、からだにとって全てバランスが重要だと自らの経験で学ぶ。

自身のケガやスポーツ経験を生かし、アスリートや腰痛で悩む人をサポート。からだのバランスやスポーツによるコンデイショニング施術を行う。

【スポーツ経験】

  アメフト・サッカー・柔道

【趣味】アウトドア・ドライブ・食べ歩き