野球の投球時に肩の痛みが出るポイント

野球の投球で肩に痛みが・・・過度の練習で肩に痛みが・・・

こんにちは、姫路市飾磨で姿勢 腰痛の施術にトレーニングを取り入れるへぐり整骨院の院長へぐりです。

本日もよろしくお願いいたします。

野球を初めたばかりや軟式野球から硬式野球に変わったなどで肩に痛みや違和感が出る。

そんな肩に痛みが出るポイントを今回はお話していきます。

上腕二頭筋腱の痛み

上腕二頭筋とは腕の前面、力こぶが出る部分を指します。

この筋肉が伸びたり縮んだりを繰り返すと肩の上にかかる腱や筋肉の中央部分に痛みがあらわれます。

傷病 上腕二頭筋腱 長頭損傷

肩峰下滑液包

肩のすぐ下にある水枕のようなもので腱などを直接的衝撃から守る

繰り返しの動作や衝撃で肩の肩峰下滑液包に痛みで炎症が伴う。

傷病 肩峰下滑液包炎

 (腱板損傷)棘上筋 棘下筋

投球時に肩をあげるなどの繰り返しで肩関節と腱板部の上方の衝突で起こる障害。

限度をこえた投げ込みなどでも痛みが出る。

赤丸で囲んでいる部分に痛みが出る。

野球の投球で痛みがある方はこの辺りに痛みが出ていないかを一度確認されてもいいかもしれませんね。

まとめ

野球の投球で痛みが出る方は上記のような所に痛みが出ていることも多くあります。

無理に投げているとひどくなる場合もあるので痛みがある際はすぐに専門で見ている所に相談しましょう。

投球時に痛みや症状がある方はご相談ください。

 

姫路市飾磨でスポーツによるからだの痛みお悩みなら

 

へぐり整骨院

 

お問い合わせはこちらから

 

トレーニングを入れた理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA