トレーニングを入れた理由

当院は、施術とは別にトレーニングにより姿勢や腰痛のケア、個別パーソナルを指導しています。

なぜストレッチやトレーニングを整骨院に取り入れたのか?

まず、その理由をお聞きください。

腰痛や身体のお悩みに運動を取り入れた理由

慢性的な痛みや繰り返す痛みをどうにか緩和できないものかと考えていました。

「整形外科に行ったけど、痛み止めや湿布で様子みてくださいと言われました。

多くのクライアントさんからよく耳にする言葉です。

なぜ、お医者さんはきちんとリハビリをしてくれないんでしょうか。

 

理由の一つに「健康保険」の存在があります。

保険診療は、あくまでも体に対して最低限の保証でしかないからです。

つまり、「動けて入れば問題なし」なのです。

 

これに関しては整骨院に関しても同じことが言えます。

保険診療とは「その場しのぎ」の施術をするだけのものです。

あなたが求めているものがそうでなければこのまま読み進んでください。

 

「健康な身体を維持したい」

「スポーツで活躍できる身体になりたい」

「痛みが再発しない身体になりたい」

 

要するに、生活の質(QOL)を上げたいわけです。

 

痛みを取るのは当然ながら、長期的に健康な体を手に入れ、なりたい自分と体を変えて行くことから体幹のトレーニングを取り入れるようになりました。目先の痛みやその場しのぎの施術だけを目的とせずに長期的にカラダを良くしていくとゆうスタンスで施術やトレーニングをしています。

 

当院では期間と回数をきちん定め、目的や目標を果たせるように自宅でのセルフケアや栄養指導もさせていただいています。

 

「動きを良くして痛みを取る」

 

正しく動かす事で、からだの歪みやバランスが変わるとゆう価値を体感してもらいたいのです。

常にあなたの『なりたい』を全力でサポートしています。

 

では、トレーニングの目的とは

一般的にトレーニングって聞くと、『筋トレ=ツライ』『筋トレ=ムキムキ』って普通は考えてしまいます。

筋肉トレーニング一つにしても色々あります。筋トレしてマッチョになりたい。重たい物を持ち上げれるようになりたい。トレーニングの目的や意図によって内容が全く変わってきます。

あなたのなりたいを導くトレーニング

このトレーニングは本来のあなたのカラダに戻し、動きを良くすることでなりたいを目的としています。トレーニング自体の考え方や内容自体が全くことなります。

 

カラダの関節には『動く関節』と『安定した関節』の2通りあります。その2つの関節につながる筋肉をより効率よく動かしたり、関節自体の強度を高めたりすることでなりたい理想のカラダに近づきます。

 

人間のカラダは本来『代謝』することで日々生まれ変わり、細胞や筋肉も一緒に新しくなっています。

 

この代謝を促すことが、痛みであったり、体の動きを正しく導き、本来あなたがなりたい理想のカラダ作りの一歩となるのです。カラダの運動機能やカラダの体質を改善し理想のあなたへ導くお手伝いをトレーニングとゆう形で提案しています。

 

悩んでいる方は一歩前に進んでみてください。

※ TRAINING BASE HEGURIではムキムキやマッチョになる為のトレーニング指導はしていません。