足首捻挫の治療後はトレーニングで再発予防

捻挫

ふとしたことで起きる足の捻挫

こんにちは、姫路市飾磨で姿勢 腰痛の施術にトレーニングを取り入れるへぐり整骨院の院長へぐりです。

本日もよろしくお願いいたします。

今回は捻挫についてのお話です。

足首の捻挫ってスポーツ以外でも頻繁に起こります。例えば女性の場合だとハイヒールなどで足をくじいた・・・サンダルや下駄などで足を捻ったりすることもあります。

足首の捻挫を簡単に見過ごすといけない理由

私たちは重力とゆう見えない敵と日々戦っています。立っていたり走ったり一番にかかるところって腰より膝よりも足首が一番体重を支えてる部分になります。

 

(例)に競馬に出ているサラブレットはあの細い足で何百キロの体重を支えています。

彼らは、骨折や怪我をするとレースに出れないどころか安楽死させらることもあります。

それほど足首は我々人間や動物生き物すべてに需要な場所になるわけです。

 

そこの一番ベースになる場所に痛みやバランスが崩れると膝や腰に負担がかかりあちこちに痛みが出たり、関節や筋肉に負担がかかるようになります。

 

私たちが二足歩行で生活する上で一番基準(ベース)になっていくところが足首なのです。

足首って意外に動きの範囲も狭く、怪我しやすい場所で後々響いいてくる場所なんです。

捻挫を再発させない捻挫になりにくい、スポーツや日々の趣味に対応していくためにトレーニングが有効になるのです。

しっかりしゃがめていますか?

足首の硬さと股関節の硬さはお互いに連動しています。

 

最近はトイレも昔と比べると和式トイレから洋式トイレに変わってきた為しっかりとかがむとゆう動作ができなくなるお子さんや若者も増えてきています。

 

これは何を表すかとゆうと、子供なら下半身や筋力の低下、若い方なら踏み止まるんど踏ん張る力も低下してることを表します。

 

TRAINING BASE HEGURI ではしっかりとしゃがめているのか?股関節の動きはどうなのか?

その辺りの評価をしながらベースとなる基盤作りをすることで怪我の再発や予防につなげています。

皆さんも一度自宅の鏡の前でかがめるか試してみてください!

 

まずこれができなくなると、どんどん膝や太ももの筋肉も硬くなり、少しの段差でもつまずくようになります。

まとめ

たかが捻挫だとほっておくと、後々痛みが出たり、冬に寒さで痛みが出るって方もおられます。

そんな、足にならないように足元から健康な体を作るお手伝いをしています。

 

姫路市飾磨で足の痛みや捻挫でお悩みなら

 

TRAINING BASE HEGURI

 

体験レッスンはこちらから