FMS (ファンクショナルムーブメントシステム)

FMS (Functional Movement Systems)

FMSとは「カラダの動き」を評価するシステムになります。

単純な動きにも、人によって様々なクセがあります。

このクセが原因でカラダの不調やスポーツなどのパフォーマンスの低下を招いてしまうこともあります。

このFMSは5つの基本動作を通じて、カラダの動きを評価するテストです。

「カラダの弱い部分硬い部分、バランスの悪い部分を把握することで、一人ひとり異なるトレーニングポイントが明確になりよりパーソナルで効率的なトレーニングを組み立てることが可能うになります。

オーバーヘッドディープスクワット

バーを持ち、バンザイの状態でしゃがむテスト。「立つ」「座る」などにつながる基本動作で

カラダ全体の安定性や運動性をチェックします。

下記の様なカラダのクセがある人はうまく出来ない場合があります。

・足首やスネ、アキレス腱が硬い方

・ゴロンと後ろにコケてしまいそうになる方

・肩が耳と平行に上がらない方

・股関節が硬い方

・腰が痛いや反る方

・上体が前のべりになる方

ハードルステップ

バーをまたぎ、地面に立てたツールをまたぐテスト。「歩く」「走る」などにつながる基本動作で足の安定性や可動性をチェックします。

下記の様なカラダのクセがある人はうまく出来ない場合があります。

・カラダが左右にフラフラしてしまう方

・どちらかの足や股関節が上がりにくい方

・上半身が前に倒れたり、反ったりする方

インラインランジ

背中でバーをつかみ、前に踏み込むテスト。「踏み込む」「止まる」などの基本動作の体幹の安定性や肩、股関節の可動性をチェックします。

下記の様なカラダのクセがある人はうまく出来ない場合があります。

・カラダが横に倒れたりする方

・膝が痛い方

・膝が内側に入る方

・深くかがめない方

ショルダーモビリティー

左右の拳を上下から背中側に回して拳の最短距離を測るテスト。

肩・胸郭の可動性と体幹の安定をチェックします。

下記の様なカラダのクセがある人はうまく出来ない場合があります。

・肩周りが硬い・痛みが出る方

・背中や脇腹がつりそうになる方

・拳、左右の距離が極端にひらく方

アクティブストレート・レッグレイズ

バーを膝裏にあたる位置で仰向けに寝て、膝を伸ばしたまま片脚をあげるテスト。

踵からバーを垂直に立てたラインを測定し、股関節の可動性、骨盤の安定をチェックします。

下記の様なカラダのクセがある人はうまく出来ない場合があります。

・腰に痛みが出る方

・膝や太もも裏に痛みが出る方

・足があまり上がらない方

・腰や骨盤が浮いてしまう方

本来カラダが持っている正しい動きを取り戻す!

これらの誤った運動パターンが起こすカラダの不調サイン。

・猫背が原因で呼吸がしにくい

・肩こりがひどい

・筋力の低下で腰痛になった

・カラダのバランスが悪く怪我やスポーツのパフォーマンスが低下している

これらのカラダのクセやバランスを

ファンクショナルトレーニングで改善してみませんか?

TRAINING BASE 

へぐり整骨院

ホームページはこちらから