骨盤トレーニングと腹式呼吸で腰痛対策

体幹トレーニング

腹式呼吸とトレーニングで腰痛

こんにちは、姫路市飾磨で姿勢 腰痛の施術にトレーニングを取り入れるへぐり整骨院の院長へぐりです。

本日もよろしくお願いいたします。

長年の腰痛を我慢しながらゴルフ、テニスしている皆さん。呼吸法と骨盤周りのトレーニングで

腰痛改善と腰に負担なくスイングやスマッシュを打てる情報をお伝えしていきますね。

まず腰痛ってそもそもなんで起きるの?

同じ姿勢でいること。常に同じ場所に負担がかかること。間違った筋肉の動かし方をしてい

る。

我々が類人猿であった頃は四足歩行であったが次第に二足歩行に進化していった事で

腰部にかかる負担も増えてきたのも大いにあります。

次の図を見てください。

 

この絵を見てわかるようにお互いに前と後ろに筋肉がバランスをとっている為

お互いの筋肉が弱ったり、強くなりすぎると腰痛やギックリ腰へとなるわけです。

これを解消するにはまず筋肉に今から運動しますよっと声かけするように『ドローイン』

といった腹式呼吸のトレーニングから始めます。

お腹に腹圧をかける事で『コア』インナーマッスルが強化されるわけです。

ドローインの主な効果

 姿勢を安定や歩行のバランスを助ける。

② 基礎代謝がUPする。(脂肪燃焼が早くなる)

③ 筋肉にしっかりと働きかける

④ 内臓の位置が正常化 便秘解消 

次に骨盤トレーニング【初級〜中級】

この動画はゴルフを実際にされている方がトレーニングをしている一部です。

ゴルフのプレー後も以前に比べ腰痛で痛む事も減ったとのことです。

ゴルフやテニスをされている方はオススメです。飛距離が安定するかもしれないですよ!

 

体幹トレーニングのレッスンはこちらから

へぐり整骨院

 

この記事を書いている人

整体・整骨・トレーニングを経て、からだにとって全てバランスが重要だと自らの経験で学ぶ。

自身のケガやスポーツ経験を生かし、アスリートや腰痛で悩む人をサポート。からだのバランスやスポーツによるコンデイショニング施術を行う。

【スポーツ経験】

  アメフト・サッカー・柔道

【趣味】アウトドア・ドライブ・食べ歩き